松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年4月12日(土)

「清水町の保育を考えるネットワーク」座談会



昨日、清水町公民館にて「清水町の保育を考えるネットワーク」という
団体の座談会が開かれた。

この座談会には、町議会議員選挙の立候補予定者10人弱が集まり、
清水町にある保育所の民営化問題などについて話し合われた。

私は、選挙前に立候補予定者が集まり、こうした座談会ないし
討論会などが行われることは、非常に有意義なものだと考える。

なぜなら、アメリカの大統領選挙や日本の国政選挙でも、選挙が近くなると
立候補者や党首討論などがテレビなどを通じて行われるが、
そこで政策の違いなどを明確にし、有権者に対して自分や自分の所属する政党を
売り込む込むことができるからである。

もちろん、そうした国政選挙と町議会議員選挙では、性格が大きく異なる
ところもあるかもしれないが、私は基本的には政治家とは
政策勝負だと思っている。政策で勝負せずにカネや組織に頼った選挙をすると
その後の政治活動にもマイナスな影響が出る可能性が高い。

ゆえに、この座談会を企画した「清水町の保育を考えるネットワーク」の
皆さんの勇気と行動力には、敬意を感じずにいられない。

ちなみに、私は保育についてはまったく知識が無い。
座談会を主催したお母さんたちは、年齢的には他の候補者の皆さんと比べたら、
私のほうが近い人が多いのだが、私は独身で保育に関する
活動は、今までしてこなかった。

しかしながら、清水町は県内でも一番若年人口の比率が多い町で、
若い夫婦にとって、子育てとは切実な問題である。
保育所問題に限らず、こうした若い奥さんたちとの情報交換することは、
自分に無いものを補う意味でも重要なことだと認識している。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO