松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年4月30日(水)

この2ヶ月間を振り返る



私が、選挙に出ることを公言したのは、3月10日くらいである。
それから他の候補者には2日間くらいで、情報が伝わったらしい。

周りの反応は非常に冷ややかだった。
「100%無理だ。」「アメリカ軍に竹やりで突っ込むようなものだ。」と
コテンパンに言われ、何度も辞退するように説得された。

選挙に出ると言っても、
「ふ〜ん、がんばってね」と半信半疑であまり関心を持ってもらえず、
告示になると
「へ〜やっぱり選挙に出るんだ」ってな雰囲気で現実味を感じた様子で、
当選すると
「すごいじゃん、びっくりしたよ」という反応もあり
どうも、一般の人の中には、私が本当に議員になれるなんて思っていた人は、
そんなにいなかったのではないかという気がしないでもない。

私は当選できると信じていたし、充分可能性はあると思っていたが、
討ち死にも覚悟していた。

それでも当選できたのは、やはり私を支えてくれた支援者と
私を信じて投票してくれた635人の有権者の思いによるものだ。

あまり主観的なことを書くと
禁止事項に引っかかってしまうのでこれくらいにしておきます。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO