松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年5月10日(土)

サスケ議員に思う



岩手県議会議員にザ・グレート・サスケ氏が当選し、
覆面をして議会活動をすることに自民党系の議員から
反対されているとニュースで知った。

私は、テレビではあるがスポーツ観戦が好きなほうで
野球・サッカー・相撲・テニスの四大大会・マラソンなど
いろんなジャンルのスポーツ中継を見る。
特に格闘技は好きでボクシング世界戦やK−1、
プライドなど欠かさず見るほうだ。

しかしながら、プロレスについては、新日本プロレス、
全日本プロレス、ノアなど、どうもベルトをかけた戦いと
いっても、ロープに逃げたり、場外乱闘や反則攻撃などが
好きになれず、あまり見ることはない。

そんなプロレスではあるが、また違った観点で
ザ・グレート・サスケ氏が創設した「みちのくプロレス」に
ついては、昔から関心を持っていた。

それは、「みちのくプロレス」が、
非常に社会的使命(ミッション)をもった団体であるからだ。

いつだったか、忘れてしまったが、
テレビのドキュメントで創設当時の「みちのくプロレス」を取り上げていた。
東北地方には、プロ野球チームはなく、Jリーグも始まっていたかどうか
定かではないが、当時プロチームが無かったことは確かだ。

サスケ氏は自分のふるさとである東北で、プロスポーツ文化を育てようと
東京のメジャー団体を去り、東北地方限定で「みちのくプロレス」を
立ち上げた。

自ら宣伝・営業活動をしながら田舎の村や町をくまなく周り
20〜30人くらいしか観客のいない体育館や公民館で興行をする。
プロレスなど生で見たこともない、
おじいちゃんおばあちゃんなどが、孫と一緒になって楽しんでいる
映像が放送された。

娯楽としてのスポーツと文化としてのスポーツを東北地方に特化した
形で草の根的な活動をしているサスケ氏の活動は、NPOなどの
言葉がない時代にあって、今思えばまさにNPO的発想から
始まったプロレス団体である。

プロレス議員では、大仁田参議院議員、馳衆議院議員がいるが
私は、サスケ氏に関しては、大仁田参議院議員よりは
かなりまともな議員活動をしてくれると思っている。

また、国会議員でも充分当選できる力はあると思うのに
県議会議員というのが、サスケ氏っぽくてよい。

今後、覆面をつけたサスケ岩手県議会議員に注目したい。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO