松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年5月24日(土)

義務投票制



24日静岡新聞夕刊でベルギーの義務的投票制度を紹介していた。

投票を棄権すると約6900円の罰金で2回3回と続くと
その金額も跳ね上がるという。
また、15年間で4回棄権すると有権者登録から除外され、
10年間は公職に就けないなど市民権が制限されている。
日本のような不在者投票もない。

投票率は、毎回90%以上。
「民意は反映されやすい」と大半は好意的だそうだ。

ちょっと調べてみたら、このような義務投票制を
行っている国は、イタリア・ルクセンブルグ・ギリシャ・
オーストラリア・ブラジル・アルゼンチンなどがある。

このような、義務投票制を仮に日本で導入したら
どうなるであろうか?

以前、自民党の森さんが首相だったとき、
無党派層の人たちを意識した発言で
「寝ていてくれればいい」などという
暴言をはいたことは記憶に新しい。

世論調査などをすると、有権者の2〜3割くらいは
無党派層らしい。

投票率90%の国政選挙を行ったら、
現在の政党の勢力図は、大きく変わる可能性がある。

町議会議員選挙レベルだって変わるかもしれない。
データ的裏付けがないから何とも言えないけど・・

前回、衆議院議員選挙の全国の投票率が60%前半くらいで
回を重ねるごとに数字が落ちてきている。

このまま50%代に突入、
そして半分を割るような事態になるかな?

そうなったらいよいよもって義務投票制にし、
罰金を飲酒運転と同じ30万円くらいにしてしまおう。
とまぁ、冗談はさておいても、
国民的議論が必要になってくるかもしれない。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO