松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年6月3日(火)

「町村議会新議員研修会」と「サスケ議員覆面問題」



新人議員を対象とした研修会が
静岡の社会福祉会館で行われた。

前半は、合併問題や地方交付税の話など
自治体運営に関わる問題の話を聞く。

後半は、地方議会の運営について、
前全国都道府県議会議長会議事調査部長という
長い肩書きの方が講演していただいた。

その中で岩手県議会議員のサスケ氏の話が出た。
その方が言うには、昭和31年につくられた
会議規則の中で、議場に入る者に対して、
『帽子や外とう、えり巻、つえや傘、写真機、録音機の類を
着用したり携帯することを禁ず。』
と明記してあり、覆面もその類のものに引っかかり
サスケ氏が生まれたときから覆面をつけていれば
いいが、素顔でないからダメでじゃないかと言っていた。

その話をある人に話したら、それでは
素顔が分からないくらいに化粧をしている人は
どうなんだと言っていた。

当然、厚化粧やカツラをしている議員さん及び
傍聴しに来ている人はいるだろう。

そこで思った。
サスケ議員も覆面と同じデザインのメイク(化粧)をすればいいのではないか。
デーモン小暮というミュージシャンや
劇団四季のCATSの俳優さんのように
してしまえば、素顔もわからないし、
帽子の類を着用しているわけではない。

某大臣だって化粧を落として
本名を言われてたら、誰も気づかないんじゃないか。

■サスケ岩手県議会議員覆面問題アンケート作りました。
今度は、誰でも答えられますので気軽にどうぞ。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO