松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年6月26日(木)

“t.A.T.u”来日



ロシアの人気女性デゥオのt.A.T.u(タトゥ)が来日した。
日本に来た外国人ポップアーティストでアエロフロート機で
やってきたのは彼女らが初めてだろう。

東欧、イギリス、アメリカ、日本でミリオンセラー(100万枚)を
連発し、地元ロシアでは海賊版も含め400万枚以上セールスしたという。

世界中を席巻しているこの二人のロシア人女性は、
モスクワ出身の18歳。
ややもするとプーチンロシア大統領より有名なロシア人ではないか?

プロモーションビデオを見ると、お互い抱き合ってキスをしあったり、
暴力的シーンが出てくる。
たぶん、年齢の上の世代には理解しづらいスタイルではあるが、
10代の世代には、
その世代特有の不安定な心境を見事に表現しているため
大変共感を呼んでいるだと思う。
日本でいえば椎名林檎といったところか。

彼女たちを見ていると、とてもミステリアスである。
私が感じる彼女たちの魅力は
ロシア人というイギリス人でもアメリカ人でもない
また違った西洋の雰囲気と、ロシアの冬の厳しさと
民主化されたとはいえ政治的ににまだ
共産主義の名残のある社会情勢にロックミュージックというスタイルで
挑戦し続けている少女のように見える。

反体制的な音楽であるロックがある意味より現実味を感じる
国がロシアである。

だから、私が考えるに、ロックを歌わせるのなら
中国や北朝鮮のような国の若者に歌わせるのが
一番いいように思う。
具体的に言えば、中国では共産党を、北朝鮮では
金正日や主体思想を批判するようなロックが
その国の若者から生まれれば
これほど説得力のある音楽はないだろう。
間違いなく無理だけど・・

だからロシアのように民主化されて
10年くらい経って、ロックという音楽文化が
根付いてからでないと、彼女たちのような
アーティストは出てこないとは思うが・・

それにしても彼女たちもそうだがロシアの若い女性は、
きれいでスタイル抜群ではある。
しかし、彼女たちも20年ぐらいすると、
ロシアの民芸品マトリョーシカのように
横長になってしまうのだろうか?

■t.A.T.u
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/tatu/index.html



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO