松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年7月2日(水)

東海地震の第一人者、浜岡原発「極めて危険」



朝日新聞にタイトルにあるような記事があった

下記引用

***************************

東海地震の第一人者、浜岡原発「極めて危険」

「直下でマグニチュード(M)8の地震がおきる浜岡原発は、極めて危険な状況だ」。茂木清夫・前地震防災対策強化地域判定会長が1日、札幌市で開かれている地震の国際学会で、中部電力の浜岡原発(静岡県浜岡町)について、こう警告した。東海地震の第一人者による、学術集会としては異例の発言に、注目が集まった。

 茂木さんは元東大地震研究所長で、96年まで判定会長、01年まで地震予知連絡会長を務めた。

 英語で約30分間講演。世界中の原発の分布図と、地震の起きている場所をスライドで重ねあわせて、「M8の地震が起きるとわかっているところなのに、原発があるのはここだけ」と、浜岡原発の異常さを際だたせた。

 政府や中部電力が「大地震は想定ずみ」としていることに対し、茂木さんは「揺れ、岩盤の壊れ方など大地震のことはわかっていないことが多い。地震のたびに、想定外のことが起きている」と、技術者の慢心を心配した。

 茂木さんが浜岡原発に関心を持ったのは、01年に起きた1号機の配管破断以降。「それまでは警戒宣言の問題に集中していたが、原発を調べてみると平気でいられる問題ではなかった。地震の専門家として発言する責任を感じた」という。

 発表したのは、国際測地学・地球物理学連合の総会。この分野ではもっとも伝統ある会で、4年に1度開かれ、アジアでは初の開催。日本学術会議などが主催した。世界99カ国から約4500人が参加、11日まで開かれている。 (07/01 21:45)

********************************

以前、この日記でも、東北地方に地震が起きた際にも触れたが、
東海地震が起きた際、浜岡原子力発電所が
炉心融解(メルトダウン)する危険性を述べた。

少しも揺れてないのに配管破断事故などがおきる原発で、
M8クラスの地震が起きたら、とてももたんだろうと素人的にも
思うのだが、地震学者の第一人者もそう思ってるみたいだ。

原子力資料情報室によると、炉心融解が起きた場合、放射能により
風下70kmは全員死亡、110km圏で半数死亡だという。

■ストップ浜岡原発
http://www.stop-hamaoka.com/



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO