松浦俊介Top「日記・コラム」ダイジェスト>平成15年7月22日(火)

水俣の土石流



熊本県の水俣市で集注豪雨により、
土石流が発生し、家屋をのみこんだ。
九州全体で14名以上の死者を出している。

治山ダムも半壊し、犠牲者の一人は30キロ離れた
海上まで流されたという。

こういう時に決まって出てくることが、
「想定外のことが起きた」という言葉。

そりゃ、想定される事態だったら、
家が流されたり、死者が出るわけがない。

想定外のことが起こるから、
災害というのは起きるのだ。

人間は自然に対して謙虚にならなければいけない。
自然というのは恐ろしいものだ。

どんなに科学が発達したって、
自然を支配するなんてことはできない。

私は、自然保護という言葉が嫌いだ。
人間が自然を保護するなんて考えは、
人間の傲慢さとしか思えない。
(かといって自然を開発したり、
何もしないのが良いというわけではない)

災害が起こるたびに、
自然が、人間の高くなった鼻をへし折りに来ているように思う。

まだまだ、鼻が高くなっているな。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO