松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成15年12月19日(金)

島田市が川根町のゴミ拒否



毎日新聞に下記のような記事

**********************
 

<ごみ焼却>合併協離脱の川根町に“拒否” 静岡・島田市

 静岡県島田市の桜井勝郎市長が管理者を務め、ごみ焼却施設を運営する衛生消防事務組合が、ごみ処理を委託されている同県川根町に対し、今年度いっぱいで、ごみ処理の契約を打ち切ると伝えていることが分かった。川根町が、島田市など1市2町で作っていた合併協議から突如離脱したことへの“報復”の意味があると市幹部は認めている。合併を巡る遺恨がごみ処理にはね返った形で、契約解除を突然、申し込まれた川根町は「契約更新をお願いするしかない」と困惑している。

**********************

以前にもこの日記で書いたが、
川根町が島田市と金谷町との任意合併協議会から
一方的に離脱し、島田市の市長が
現、河野川根町長が町長でいる限り、
川根町との関係を絶つとタンカをきっていたので、
この報復行為は川根町にしてみれば、
織り込み済みだと思うんだけど、
それでも島田市にお願いしようなんて
それはないだろう。

川根町は本気で島田市にお願いしようと思っているのか?

ちなみに清水町はゴミとし尿処理を沼津市に
お願いしている。
この間の議会でも出た話だが、
清水町の場合、その建設資金も応分の負担をしているので、
川根町とは事情が違う。

だから、清水町と沼津市が川根町と島田市の関係みたいになっても
沼津市から来年度から契約を打ち切りますという話には
ならないそうです。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO