松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成15年12月22日(月)

道路は続くよ、どこまでも



高速道路の民営化の基本的な枠組みが決まった。

道路公団は、6つに分割され、
整備計画の9342キロも建設継続となるもよう。

日本道路公団は、東日本と中日本と西日本に
3分割される。

民営化されるのに採算性が危惧される道路も含め
9342キロ建設できるのかね。

国鉄はJRになって、
不採算の地方路線は廃線や第3セクターになったりしているが、
それでもJR北海道やJR四国、JR九州は
経営がよろしくない。

民間会社が採算の合わないことをするのか?
道路公団の民営化と9342キロ全部造るというのは
矛盾するんじゃないか?

日本道路公団3分割というと
東名高速道路は中日本会社になるのかな?
そうするとドル箱の東名の売り上げが
北海道や四国、九州の高速道路の補填に使われることはないのかな。

東名は第2東名を造っているけど、
私は第1と第2東名は別会社にすべきじゃないかと思う。

それぞれを別会社にすれば競争が生まれ、
サービスがよくなるんじゃないかな。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO