松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成16年8月19日(木)

中国銀行



みなさんは、中国銀行って知ってますか?

中国銀行といえば「Bank of China」で
中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行と並んで
中国四大銀行のひとつだ。
日本銀行みたいな中央銀行ではない。
中央銀行は、中国人民銀行。

歴史は、清朝が倒れて中華民国が建国された
1912年と中国の銀行の中でも最も歴史が長い。
2001年の数字だが、総資産では中国の銀行では2番目、
純利益は一番あげている。

と中国銀行について説明しましたが、
これだけでは、岡山県の人に怒られる。
そうです。中国銀行は日本にもあるのです。
もちろん邦銀です。

中国銀行の前身は、1878年第86国立銀行として
岡山県高梁市に設立される。

その後合併を繰り返して、1930年に中国銀行となる。
本店は岡山市。

わかりにくい。しかも両方の中国銀行は
東京、上海と香港に支店があるので、
この3つの都市では尚わかりにくいな。
(中国の中国銀行のほうがでかいけど)

ここでのポイントは中国という呼称。
大陸の中国(シナ)は、国名としては
先ほどあげた中華民国が初めて中国という字が出てくる。
現在は、共産党政権の中華人民共和国。
中華民国政府は台湾へ。

日本がシナを中国と呼ぶようになったのは
せいぜいこの時期から。
一般的になったのは戦後のことで、それ以前は、
歴代王朝の名前、シナ人のことは
江戸時代では清朝の時代にもかかわらず唐人(とうじん)
と呼んでいた。

では、日本で中国という名称が出てくるのは
平安時代905年の延喜式。

全国を畿内、近国、中国、遠国とわけ、
うち中国は、越中、加賀、能登、越前、甲斐、信濃、飛騨、
遠江、駿河、伊豆、因幡、伯耆、出雲、備中、備後、阿波、讃岐
の17カ国。

畿内から同心円的に真ん中くらいを全部中国と呼んでいたので
東日本も入っている。

その他に古事記、日本書紀に出てくる「中つ国」が
中国の語源だという説がある。

「中つ国」とは、スサノオ、オオクニヌシが支配した
出雲を中心とした現在の山陰・山陽地方が含まれるらしい。

日本国内で使われる中国は、この他にも昔から、
畿内と九州を結ぶ路を中国路、
山陰と山陽地方の間にある山々を中国山地と
呼ぶなど一般的に使われている。

では大陸のシナでは、どうかというと
古くから漢民族によって自分たちの居住する地域を指す語として
用いられてきたようである。

現在、日本では、山陰・山陽地方をシナと区別して
中国地方とよんでいる。
また、最初にあげた邦銀の中国銀行は、
シナの中国銀行に名前を変えるよう圧力をかけられたらしい。

まぁ、中国という言葉は、漢字を使っている国ならば
どこでも出てきそうな名称である。
漢字は、シナが本家だから
仕方のないところもあるような気がしないでもない。

ちなみにシナを差別用語だという論争があるが
支那(シナ)という漢字については意見が分かれるところが
あるかもしれないが、少なくとも
カタカナでは東シナ海、南シナ海、インドシナ半島など
普通に今でも使っているし、地図にも出ている。

石原都知事が「シナ」と言って問題にしている
評論家やマスコミがいるが、それなら
東シナ海もインドシナ半島も抗議したほうがいい。

シナの語源は秦からきていてインドの梵語(サンスクリット語)を
漢訳するときに音訳したものとされる。
英語のChinaも同じ。

シナに最大規模のポータルサイト「sina(シナ)・ネット」
というのがある。
経営会社である新浪網(シンランワン)公司に対し、
一部の学者が「シナ(支那)は中国の蔑称で、シナを名乗るのは国辱的だ」
と改名要求が出されたらしいが、
同公司は「シナは英語のChinaを語源としており、
それ自体に侮辱の意味は込められていない」
と改名要求を拒否したそうだ。

先ほどあげた東シナ海であるが、
中国で発行されている地図では、
東海と表記されているという。

「東海」?
1月15日の日記でも書いたが、
韓国では日本海を東海にしろと世界水路機関や
世界の地図会社に要求している。

もうわけわからんな。
韓国政府は、中国政府にも「東海」という名称は、
今の日本海のことで朝鮮半島の東側にある海だから
「東海」という名称を使うなと抗議した方がいいんじゃないか?

結局そこの国の東側の海は全部東海か?
日本も太平洋を東海と呼ぶか?
いや南海か?
東シナ海は、西海にしたほうがいいな。

ちなみに韓国は、日本や中国では黄海と呼んでいる
朝鮮半島西側の海を西海と呼んでいる。
韓国政府は、黄海も西海しろと
同じように国際水路機関や世界の地図会社に要求しろよ。

◎竹島切手(16.01.15)
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=321783&log=20040115

◎“支那(シナ)”という呼び方 〜 あるサイトの名称 〜
http://homepage1.nifty.com/mkm/kansatsu/sina.htm

◎シナネット
http://home.sina.com.cn/

(付記)
最近、アジアカップや靖国神社などの問題で
中国を槍玉に挙げているが、
私は別に中国が嫌いなわけではない。

中国には香港を含めて4回も行っているし、
中国語入門の勉強もしている。

文化的に優れたところが多いのは論ずるまでもない。
私は中華料理が大好きだ。
料理の知識があるわけではないが、
中国に行くと高級料理店でなくても
何でもおいしい。
見るからにうまそうである。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO