松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成16年12月23日(木)

手作り仮設住宅



新潟県中越地方は、大雪となり一面銀世界になっている。

1ヵ月半前に小千谷市と川口町に行ったが、
もう違う世界になってる。

今月上旬には仮設住宅もでき、
私がボランティアに行っていた小千谷高校の
被災者も全員仮設住宅に入居できたようだ。

さすがにもうテントで寝ている人はいないだろう。

さて、夕方のテレビニュースでフジテレビ系列の
スーパーニュースを見ていたら、
私が潰れた家の片づけをした川口町の
綱良平さんが出ていた。

そしてその綱さん、何と!私たちが釘を抜いたりしていた
潰れた家の材木を使って家を建ててしまっていた。

たしかに綱さんは、私たちに釘を抜くのをお願いしたときに
その廃材を使ってまた家を建てれば安く済むと
言っていたが、正直本気にしていなかった。

テレビでは自前の仮設住宅を建ててしまって、
くつろぐ綱さん家族が映っていた。
ほんと!すごい人だ。感動してテレビの前で
固まってしまった。

綱さんは、69歳だとテロップで出ていた。
私と細野さんと秘書の田原さん、大学受験生の岸君の
4人で家の片付けの手伝いをして、お昼には味噌汁を頂いた。
水も出ない川口町で頂いたあの味噌汁の味は今でも忘れない。

その綱さんの家は、ブロードバンド放送局の
震災ボランティア〜中越編〔2〕で出てきます。

1分15秒過ぎくらいに
私のナレーションで「川口町です」と言った後に
出てくる潰れた家が綱さんちです。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO