松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成16年12月26日(日)

全国高校駅伝



お昼から全国高校駅伝「男子」を見た。
午前中にやった「女子」では、沼津西高校が13位で
大健闘だったようだ。

さてお目当ては、もちろん郷土の誇り佐久長聖3年(長野)の
佐藤悠基君だ。

佐藤君は、清水町立南中学校出身。
清水南中では3000mで史上初めて8'30を突破し、
今も残る中学記録(8'24'24)をマーク。

高校は、長野県の佐久長聖高校に進学し、
1年生から高校駅伝に出場し、外国人留学生に次ぐ
日本人最高の記録を出す。

今年11月27日の日体大長距離競技会の1万メートルで
28分07秒39の驚異的高校最高記録をつくる。

ちなみに日本記録は、27分35秒09で高岡寿成(カネボウ)。
佐藤君の実力は、すでに実業団の第1線級らしい。

その佐藤君。佐久長聖のエースとして10キロの第1区に登場。
外国人留学生がスタートと同時に飛び出し、
去年優勝の仙台育英の佐藤秀和君と
ライバル関係にあるらしく、併走して三位争いをしていた。

がしかし、後半、伸びが足りず7位くらいで
第2区の選手へ。
調子が良くなかったのだろうか?
いまいち力を出し切ったようには見えなかった。

そんな佐藤君は、来年、東海大学に進学するという。
来年度は、箱根駅伝に出場するだろうし、
将来、オリンピック出場の可能性を十分秘めた選手だ。

佐藤君が、中学の時以来、
また市町村対抗駅伝に最後の10区一般男子5.445kmで出場し、
町村トップでトラックに入ってくる姿を生で見てみたい。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO