松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年3月4日(土)

不妊の問題



少子化の問題を考えるにあたって、
不妊の問題は重要である。

子どもが欲しくても子どもが出来ないカップルは
現在、9〜10組に1組だそうだ。

不妊の原因の一つに男性の精子数の減少がある。

デンマークでの調査によると、
1938年から 1990年の間に、
精子数が 1億1100万/ccから 6600万/ccに減少したと述べている。
その大きな理由に環境ホルモン、
つまりダイオキシン、PCB、DDTなどがその原因として挙げられている。

これは、女性の要因にもあてはまることで
われわれの食生活の中から、
知らず知らずのうちに子どもができにくい体になっていって
しまっていると思われる。

これ以外に不規則な生活習慣やストレス、無理なダイエットなど
不妊になりやすい要因はあるだろうけど、
子どもが産みたくても産めないカップルが今後も
増えていくようでは、
国からのなんらかのサポートが必要だと思われる。

昨日の日記を書いて、
そういえば、自分のまわりでも子どもがいないカップルがいるなぁ、
何て考えていたら、
何と今日、そのうちの一組の夫婦の旦那から
「かみさんにご懐妊の兆候があった!」
とのうれしいニュースを聞いた。

不妊治療に多大な金額を費やした。
不妊治療は、公的保険適用外である。

最近は、不妊治療もせずにいて、
本人身に覚えがないと実感がない様子だったが、
こんなに嬉しいことはないだろう。
とにもかくにもおめでとうございます。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO