松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年4月8日(土)

国立遺伝学研究所の見学



今日は、三島市にある国立遺伝学研究所の一般公開で
ディベート倶楽部の子達を連れて行ってみる。

遺伝研は、桜で有名だけど何と260種類の桜があるという。
だいぶ散っているのが多かったけど、
100枚以上の花弁を持つ桜等いろんな桜があった。

遺伝学研究所なので遺伝学の研究が展示・発表されているわけだが、
どれも顕微鏡の中の世界で
いまいちぴんと来ない。

神経細胞、タンパク質、ショウジョウバエ等
う〜ん、こいつと同じのがオレの体にもあるのかぁ?

マウスの研究でガンになりやすいマウスと
なりにくいマウスがあり、
その遺伝子の違いを研究して
人間のガン治療にも役立つような研究もしていた。

ちなみにガンになりにくいマウスは、
三島の広小路で発見されてMSMというそうだ。

いろいろ説明聞いたけど、
「こいつとこいつを1万回掛け合わせて・・」
となんか気の遠くなるようなことをしている。
研究者の皆さん、じみちな作業もしながら、
生物の謎に迫っている。

三島のマウスによって
人類がガンの苦しみから解放されるときが
いつの日かくるだろうか?

◎国立遺伝学研究所
http://www.nig.ac.jp/



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO