松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年5月16日(火)

『天皇皇后両陛下-宮中のご公務-』



今日は、午後、静岡県神社庁東部地区教化研修会というのが
三島大社であり、竹田恒泰氏が
「皇室典範改正問題について」と題して講演を依頼されていたので
同行する。

三島大社の社務所で行われ、
賀茂・田方・駿東・富士各支部の神職の方50名ほどが
集まっていた。

研修会の最初に毎日映画社の
『天皇皇后両陛下-宮中のご公務-』という30分ほどのビデオを見た。

企画を宮内庁がしており、普段、天皇皇后両陛下が
どんな仕事をしているのかよく分かるビデオだった。

私たちがニュースなどで見る陛下とは、
どこかの被災地へ行って住民を慰労されたり、
宮中で内閣総理大臣を任命される儀式、
文化勲章などの授与式や園遊会くらいだが、

主な拝謁・お茶・ご会釈などだけで
平成17年で243団体,7,408人。
http://www.kunaicho.go.jp/04/d04-01-02.html

国賓とのご会見で平成17年で年間40回くらい。
http://www.kunaicho.go.jp/04/d04-17-gokaiken.html

新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式が
平成17年で34件。
http://www.kunaicho.go.jp/04/d04-17-sinninjyo.html

日本から外国に派遣される大使夫妻についても、
赴任前と帰朝後に一人一人にお会いになり、
その数は平成17年に60か国。

閣議決定の書類などの決裁が年間1,000件。
宮中祭祀が年間20回くらいと、
とにかく激務だということが視覚的によくわかった。

天皇陛下は、肉体的にも精神的にもタフでないとできない。
もし、これで愛子さまが天皇陛下になったら、
これだけの公務・執務をこなせるのだろうか?

さらには結婚して、子どもを産み育てることまで
できるのだろうか?

ストレスなどが原因で不妊になることはないか?
国民から注目される立場で、いろんなプレッシャーもあって
皇后陛下も雅子さまも病気になってしまった。

いくら日本国および日本国民統合の象徴とはいえ、
ひとりの生身の人間、女性にその全てを求めるのは、
あまりにも酷のような気がする。

自分なんて女じゃないけど
200億円もらったってやりたくないよ。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO