松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年9月6日(木)

奉祝



秋篠宮家に無事、親王殿下御降誕。
謹んでお慶び申し上げます。

41年ぶりの男子ご出産。
別に天皇家でなくとも
女子が9人も続いていれば
さすがに男子の出産には、
待ちに待った思いがあるのではないか。

さて、歴史の重みを全く考えない有識者会議の答申で
女帝および女系天皇を認める長子継承を優先した
小泉内閣の皇室典範稚拙改正は、
秋篠宮家の絶妙な一撃で回避された。

しかしながら、あと30年もして愛子さまも民間へ嫁がれれば、
皇室・皇族の第三世代は、
今回誕生した新宮様だけになってしまう。

私は、今回の親王殿下誕生に安心することなく、
今後も安定的にどう皇統を維持していくか
早急に議論を深めていく必要があると思う。

三笠宮家・高円宮家の女王さまが結婚適齢期に達してきている。
現状のままでは、宮家もどんどん断絶していく。

しかしなぁ、皇位継承というのは、
男子が生まれないから愛子様でいいのではないかとか、
秋篠宮家に男子が生まれたから新宮様でいいではないかとか
そんなもんじゃないだろ。

もし、長子優先の皇室典範の改正がされた後に
今回の男子出産があったら、どうなっていたんだ?

皇位継承は、2000年男系で続いてきた。
たとえ現代の法律で女系天皇を認めても
男系継承の重みは、それを凌駕する。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO