松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年9月10日(日)

海部元総理推薦の『環境の教科書』



昨日、紹介した竹田恒泰氏が先月末に2冊目の本を
KKベストブックから出版した。
タイトルは『エコ・マインド』〜環境の教科書〜である。

彼は、山本七平賞受賞という評価からも分かるとおり、
皇統・皇室・皇族に関する専門性と作家としての文章力を持っている。
本来は明治天皇の父にあたる孝明天皇の研究に従事しており、
この孝明天皇の本を出すことが一番の狙いなのだが、
彼が、本格的に孝明天皇の研究をする前は、
環境学の研究を専門にしていた。

慶応義塾大学で物理学の教授、藤田祐幸氏に師事し、
卒業後も藤田研究室に通いながら、独自の活動を続けていた。

この本は、彼のこれまでの研究を誰にでもわかるように
解説した環境の教科書であるが、
私がどんな本なのか書くより、本の帯と巻頭に推薦文があるので引用する。

*********

本書を推薦します。
今なぜ環境問題なのか?ということをあらゆる方面の
データを基に実にわかりやすく解説し、我々人類が
どう取り組んでいくべきかを提唱している。
私自身地球環境問題に携わってきたが
「目からうろこ」である。
文字通り「環境の教科書」と呼ぶに値する書である。

地球環境行動会議顧問 元内閣総理大臣 海部俊樹

*********

ということで海部さんも写真入りで推薦しています。

本とは関係ないが、竹田君が海部さんから聞いたという
中国の江沢民国家主席(当時)との会話を紹介する。

海部さんが、江沢民に
「わが国は中国の東側に位置しているが、偏西風により
中国の工場などの煙突からでる排気ガスの影響を受けている。
悪いのは偏西風なのだが、
できたら大気汚染の問題を何とかしてもらいたい」

と要望。
すると江沢民
「わが国も偏西風により西にあるモンゴルから砂嵐の影響を受けている」

さらに海部さん。
「たしかにモンゴルの砂嵐も大変だが、中国の排気ガスの問題は、
中国国内にとっても重要な問題です」

すると江沢民・・・
なんと!!

「月が〜出た出た 月が〜出た(ヨイヨイ)
 家(ウチ)のお山の 上に出た
 あんまり〜煙突が高いので
 さぞや〜お月さん 煙たかろ(サノヨイヨイ)」

と炭坑節を歌って煙に巻いたという。
江沢民は日本語が自在に話せる。

◎エコ・マインド(KKベストブック)1200円



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO