松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年10月2日(月)

ご当地検定



昨日の静岡新聞に「富士山検定」3級認定試験の問題が
25問出ていた。
今月の日曜日に4回に分けて100問出題されるという。

やってみたが、25問中即答できたのは10問だけ。
ほとんどわからない。
3級ダメポだな。

最近、ご当地検定なるものがはやっている。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると
最初のご当地検定は、日本文化普及交流機構が行った
博多っ子検定(2003年9月)だそうだ。

検定を主催する団体は、地方自治体や商工会議所などがあり、
札幌商工会議所が行う北海道フードマイスター検定は、
検定合格者を北海道フードマイスターに認定し、
ホテル等の求人情報を紹介しているという。
かなり実用的なご当地検定である。

昔、フジテレビでカルトQというクイズ番組であった。
特定分野に特化したマニアックなクイズ番組として、
1991年に登場したが、
解答者のあまりのカルトぶりが面白かった。

出題テーマが、渋谷・東横線など地域ネタもあったけど、
富士山検定をみるとご当地検定もあらゆるジャンルについて
カルト的な知識が必要だな。

どこの自治体でもやるようになるのだろうか?



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO