松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年12月4日(月)

「タウンミーティング」と「大手広告代理店」



下記、産経新聞記事

*******************

タウンミーティング 電通社員 日当10万 大盤振る舞い露呈

 政府主催のタウンミーティングの平成13年度の人件費のうち、事務局の担当者に最高で10万円の日当が支払われていたことが1日、内閣府が社民党に提出した資料で明らかになった。同年度分の事務局人件費の総額は計7433万円にのぼり、政府の「大盤振る舞い」(保坂展人衆院議員)が浮き彫りになった。

 内閣府によると高額の日当が支払われていたのは、随意契約でタウンミーティングの運営を担当した大手広告代理店「電通」社員。日当は役職ごとに決められ、局次長=10万円▽部長=7万円▽主管=5万円▽主務=4万円−となっている。

 タウンミーティングの運営委託先は14年度以降は一般競争入札で選んでいるが、13年度前期までは随意契約。14年度以降の委託費が2億円前後なのに対し、13年度は約9億4000万円と突出している。これに対し内閣府の担当者は「広告代理店の相場などから妥当だったと認識している。スタートの年だったので経費はそれなりにかかったと思う」と説明する。

 このほか、13年6月に横浜市で開催されたタウンミーティングの出演者謝礼として約90万円が支出されたことも判明。「出席者の発言謝礼も含まれているのでは」(保坂氏)との指摘に、内閣府は「当時は芸能人を呼ぶこともありギャラにも使われたと推測される」と釈明している。
(産経新聞) - 12月2日8時0分更新

*******************

13年度のタウンミーティングは、電通との随意契約。
50回やって9億3900万円だという。

16年度と17年度は朝日広告社が請け負ったという。
つまり、静岡まで東京からハイヤー持ってこさせたのは、
朝日広告社ということだな。

タウンミーティングでやらせが問題になっているが、
国民の意見を吸い上げるはずのタウンミーティングは、
大手広告代理店によって
庶民の常識では考えられないお金が使われている。

タウンミーティングは、公共事業か?
世論は、広告代理店が作っている?

中曽根元総理は、電通の顧問で
安倍総理の昭恵夫人(父は、森永製菓元社長の松崎昭雄)も電通出身。
根來泰周(ねごろ やすちか)プロ野球コミッショナーは、電通の社外監査役。

マスコミ、政界、財界、スポーツ界、
どれも電通がハブになってつながっている。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO