松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成19年1月13日(土)

国見高校の小嶺忠敏サッカー部総監督



長崎県立国見高校の元校長でサッカー部総監督の小嶺忠敏さんが、
参議院選挙の長崎選挙区で自民党公認で出馬するという。

選手権6回優勝の国見でもうやることやりつくして、
次は政治の世界か・・。
国会議員になって日本のサッカー強くしてくれるかな?

釜本よりはやってくれるかな。

しかし、全国に三千数百ほどあった市町村で
人口わずか1万1千人ほどの国見町を
サッカーファンなら誰もが知る
全国区の地名にしたのは小嶺さんの功績によるものだ。

毎年正月になると必ず現れる常連高でスポーツニュースで
欠かさず取り上げられる。
今年まで21年連続21回出場している。

他のメジャースポーツで21年連続全国大会出場なんて
ないだろう。
甲子園だって強豪高や有名監督はいるけど、
監督は引き抜かれたりもするし、
こんなに一つの高校が強くあり続けるというのは、
考えられないな。
しかも県立高校。

小嶺さんは、国見に来る前は、
島原商で教鞭をとっていたようだが、
そこでも全国大会へ出場している。

さて、そんな国見町も2005年10月に合併して
雲仙市となった。
今年は、1回戦で敗退したし、
もう国見の名を聞くこともなくなっていくのであろうか。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO