松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成15年11月10日(月)

広域都市づくり調査特別委員会(第5回)



今日は、広域都市づくり調査特別委員会があった。
今回で5回目である。

中身は、清水町商工会から以前出されていた
「市町村合併についての要望書」について
助役・総務統括参事・企画財政課長を交え、
商工会役員との意見交換などを行った。

ちなみに広域都市づくり特別委員会のメンバーは、
委員長が山本博保議員
副委員長が木村寛夫議員
委員は
庄司勝彦副議長
高木綱志議員
名倉勉議員
吉田功議員
藤井道夫議員
それと私。
あと議長も出席している。

商工会からの「市町村合併に関する要望」は
町長と議長宛に出されたもので
「2市3町(沼津市・三島市・函南町・長泉町・清水町)」
の枠組みでの合併を要望するものである。

この要望書は、沼津商工会議所・三島市商工会議所・
函南町商工会・清水町商工会・長泉町商工会・原町商工会の
の2市3町の会頭・会長がそれぞれの各自治体の
首長宛にも同じものを出している。

意見交換会では、清水町商工会会長の関本文彦氏から
経済界からの2市3町合併に向けての経緯や
現状、今後の動きなどについて話があり、
委員会としても今後いろいろと情報交換をさせてもらう
ことになった。

10年後の4市7町1村での政令指定都市実現への
動きもあるが、韮山町・伊豆長岡町・大仁町の合併や
財産区を抱える小山町・御殿場市・裾野市を考えると
この2市3町の合併への枠組みがとりあえずのステップだと思うし、
これで人口40万人の中核市ができれば
政令指定都市実現へもより現実味を帯びてくると思う。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO