松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成16年2月20日(金)

平井町長と斎藤・沼津市長で交わされた書類【重要1】



今日の静岡新聞で、沼津市議会が「議員全体会議」で
これまでの中核市推進協議会の経過を公開するという
記事があったので行ってみた。

午前11時から午後3時くらいまで行われ、
これまでの内々の書類が全部出てきて、
傍聴者にも全て配られた。

まずは、これまでこじれまくっている原因、
平成13年2月27日に両首長で交わされた書類が下記。

*************************

【清水町長】
・静岡県東部地域の核となる中核市の実現を目指し、沼津市・清水町中核市推進協議会により、今後、10年間精力的に周辺市町へ呼びかけ、住民の理解を得るべく努力する。
・5年後に中核市実現の目途が立たなかった場合には、沼津市・清水町合併協議会規約に基づく協議会を立ち上げ、合併向けた準備と中核市推進協議会の活動を平行して進める。
・10年間で中核市実現の目途が立たなかった場合にあっても、中核市実現の第1歩として、2010年4月1日には、単独合併を成立させる。
以上のとおり、清水町の方針が決まったのでよろしく願いしたい。

【沼津市長】
 清水町の方針は確かに伺った。
 新年度から、今の方針に従って具体的な取り組みを行っていかなければならないが、これについては、スケジュールを定めておくことが重要と思う。スケジュールの素案については、去る2月9日にお示ししたが、その際、町長さんからもご賛同をいただいていることでもあるので、これをもってスケジュールとしたい。いかがでしょうか。
 しかし、諸般の事情もあるとのことであり、スケジュールの公表については慎重に扱っていかなければならないと思う。公表の時期等については、正副会長の判断に任せてもらいたいと考える。
 中核市推進協議会については、お話のあったとおり、存続する。これを機会に信頼関係をより強固なものとし、目標に向かって積極的な取り組みをしていきたい。よろしく。

 上記を確認する。

 平成13年2月27日

     清水町長 平井弥一郎
     沼津市長 斎藤 衛
          (二人とも自署サイン)

*************************

最初、ホントに配るの?と思った。
議員だけならともかく、傍聴人にも配ってくれた。

私も見るのは初めてである。
私も12月議会で質問したけど、
この書類を「議論の一つであって、何ら拘束力をもたない」と言うには、
かなり無理があるだろう。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO