松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成16年4月12日(月)

市町村合併地区懇談会(新宿区公民館)



新宿区公民館で開かれた市町村合併地区懇談会に行ってきた。
参加者数は、数えてないので分からないけどホールいっぱい来ていた。
マスコミも、テレビ局も含め多数来ていた。

内容としては、これまでの中核市推進協議会の流れを
プロジェクターを使って実際交わされた書類なども
スクリーンに映しながら先月の解散まで時系列的に町長自ら報告した。

2月4〜5日に区長会などから出された2市3町への要望書なども公開された。
また、ごみ・し尿問題ほか沼津市との関わりについても説明され、
そうした施設のない清水町としては、
独自に造ればそれぞれ20億円ほど経費がかかり、
その他、それだけの施設を造るだけの土地を
確保することの難しさも説明された。

ちなみにゴミについては現在1億2700万円ほど年間かかっており、
民間に委託すると3倍近い経費がかかる。
し尿処理については民間でできないので、
沼津市からお断りされたら、他の自治体にお願いするしかないという。

参加した町民からは、沼津市との信頼関係を維持していくには、
これまでのお世話になってきた経緯もあるし、
沼津市との単独合併の方向性を意見した人もいれば、
人口が減ってきて将来性があまりない沼津市との単独合併には
否定的な意見の人もいた。

今後、全6箇所で開催される地区懇談会で出された意見は、
町のホームページで公開するという。
また、全部とはいかないが、町の広報にも掲載されるという。

今日、参加してみての感想は、町長の答弁は、
3月議会より伝わるものがあった。
私は、3月議会の一般質問では冒頭、
町長の素直な答弁をお願いしたいと発言したのだが、
議会では答弁資料ファイルを探して読む程度のもので、
今日の地区懇談会の方が率直な意見を聞けたように思った。

13年2月27日のサインした文書は、合併合意書ではなく回答書だという。
別に合意書でも回答書でもあれを読んで考えることはみんな一緒じゃないか?



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO