松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成16年4月12日(月)

市町村合併地区懇談会(伏見区公民館)



今日は、伏見区で行われた地区懇談会に行ってきた。
先日も行ってきたので、途中から参加し、意見交換、質疑応答に耳を傾けた。

3月27日の回答書については、いつ、誰が、
どのように決めたのかという質問があった。

町長は、議会と相談の上で決めたというようなことを言っていたが、
その後、森野議員が発言し、議会には「事後報告であった」と説明。

それを受けて町長は、議長や中核市推進協議会幹事さん達と
相談の上での話であると述べた。

町長の話は、「苦渋の判断」とか「いたしかたなく」みたいな感じで、
「ここで合併スケジュールにサインしなかったら、
清水町はゴミとし尿の山ができていました」みたいな話である。

また、その責任は「私だけでなく、議会も同じですよ」みたいに聞こえる。
まぁ、私はその当時のことは、人から聞くことでしかわからない。

当時の事情は当事者でなければ分からないだろう。
だからこそ、ここまでこじれてしまった。
沼津市との信頼関係をこじらせたのは、町民ではないという意見があった。

13年当時にこうした地区懇談会はできなかったのかいな?
かなり遅すぎ。中核市協議会も解散しちゃったし、今さらのように思う。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO