松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成16年5月1日(土)

洪作少年のカバン



今日は、朝8時より長沢湧水クラブの皆さんと
智方神社の清掃のお手伝いをした。

長沢湧水クラブの皆さんは、毎月1日に
神社の境内を竹ぼうきで清掃をしている。

私も子どもの頃よく遊んだ神社だが、
この黄瀬川のすぐ横にある智方神社は、
井上靖の「夏草冬濤」で洪作少年が
三島の下宿から旧道を通り沼津中学へ通う際、
いつも休憩していた神社。
そして小説の冒頭で、学校へ通う際に
友達から今日は授業がないので教科書は要らないと言われ、
神社の木の根の洞に鞄を隠して、
学校帰りに見たら無くなっていたという
非常に悲しいを思いをしてしまった神社である。
(臼井本社前の松林のことも出てくる)

神社に行くと洪作少年が鞄を隠した木はどれだと
探したくなる。

神社での清掃を終えて、その後、
香貫大橋下の河川敷の草取りをした。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO