松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成16年6月10日(木)

清水町職員「税金着服」



昨日のことであるが、
本会議が始まる前、いつも議員控室で議運委員長の高木さんが
その日の流れを説明するのだが、
いきなり全員協議会を始めると言った。

「一般質問を聞きたくて傍聴人も
スタンバイしているのに何で朝一に全協をやるのだ?」
と不思議に思いながら、第1会議室に行き、
町長以下幹部職員全員そろって
町長が重大発表をした。

昨日の夜、当町学校教育課の○○が
平成10〜14年税務課職員時代に
滞納整理した税金600万円あまり、
50数件を着服した疑いがあることが発覚。
本人も認め、8日付で懲戒免職処分した。

事実関係や今後のことは、まだ確認・検討中だが、
朝一で沼津警察署に被害届を出したという。
今後、役場内にも事実関係を究明する組織を
立ち上げ、再発防止にも努めるという。

このことは、報道発表される前に
まず、議員の皆さんにお伝えしたかったので
朝一に全協を開いてもらったと町長の説明。
ただ、この件に関しては今日いっぱいは
口外しないで欲しいとの話だった。

全協は10分弱ほどで終わり、
すぐ本会議、岩崎議員の一般質問が始まったのだが、
なんか議場全体が重苦しい雰囲気だった。

このようなことがないように滞納整理は
普通2人一組で動くらしいのだが、
なぜ、着服できてしまったのか?
まさに税金ドロボーそのものである。
今後、事実関係が確認され、
二度と起こらないように真相究明していかなければならない。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO