松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成17年5月16日(月)

全会一致で可決(2市2町法定合併協議会設置議案)



「議案第30号沼津市・三島市・函南町・清水町合併協議会の設置について」は
何と共産党も含めて全会一致で可決した。

最初に請求代表者の古泉榮一さんが壇上にあがり、意見陳述を行う。

そして質疑では、まず共産党の吉川議員が、
規約によると協議会の委員は、
(1)2市2町の長及び助役
(2)2市2町の議会の議長
(3)2市2町の議会の議員の中から2市2町の議会の議長がそれぞれ指名した者
(4)2市2町の長が協議して定めた学識経験を有する者

となっているが、学識経験者とはどんな人たちか?
との質問に、
企画財政課長が
先進事例でいくと学者、経済団体の方、自治会長、県の職員の方などと答弁。

そこで吉川議員は、一般の町民の方も参加できるように
公募で委員を選任できないかと質問。

企画財政課長は
公募については、2市2町の中での今後の検討課題として協議していきたいと
いうような答弁。

次に、同じく共産党の森野議員が質問。
法定合併協議会が合併ありきで進まぬよう、
合併に慎重な考えの方も人選していってはどうかと質問。
それについても今後、2市2町で協議していきたいとの答弁。

質問は、以上の二人で討論に入った。
まず反対討論から行うが、反対討論なし。

次に賛成討論で庄司副議長と山本議員が勢いよく
「議長!」と発声。

庄司副議長、山本議員の順で壇上に上がり、
2市2町の法定合併協議会設置の必要性を説く。
さて、山本議員の賛成討論の後、もうこれで終わりかと思っていたが、
議長の「他にございませんか?」の発言のあと、
森野議員が「議長!」と発声。

「はぁ?森野さん、反対じゃなくて賛成討論?」と思ったら、
ほんとに賛成討論をした。

森野議員は、
「法定合併協議会を設置して合併の是非も含めて
住民も巻き込んだ議論をすることは必要だ」
と説いた。

みんなびっくりした。
森野さんの賛成討論の後、議員の中から拍手が起きた。
私も拍手をした。
討論の後に拍手が起きたのは、4期やっている高木さんも
初めてだと言っていた。
もう、ないかもしれない。
自然と拍手が起きた。
正直、感動しちゃったよ。
共産党は合併反対だから、
みんな共産党はよくて退場して、採決に加わらないとかだろうと
思っていたからね。

そしていつもは挙手で採決をしているけど、
今回は、起立採決をした結果、全員起立し全会一致で可決。

閉会後、議員控室は森野さんにやられたと
みんな森野さんに讃辞を送った。

清水町議会は、全員がこの法定合併協議会が設立され、
合併についての議論がされることを望んだのだ。

さて、この町民6133人と清水町議会全議員の想いを
沼津市、三島市、函南町の議会は受け取ってくれるのだろうか?
明日結論が出ます。


Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO