松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成17年7月12日(火)

町施設のアスベスト使用状況(1)



最近、クボタやニチアスなどの企業でアスベストが
原因で従業員やその家族、
さらには近隣住民まで含めて死亡等、
被害が報告されている。

昨日の発売の週刊現代で
「10年以上前に建てられた校舎は汚染の可能性」
「アスベストでガン」
「小・中学校が危ない!」
など過激な見出しで記事が掲載されていた。

渋谷公会堂の天井裏で大量のアスベストが
剥がれ落ちていることが今年3月に発覚し、
学校などの公共施設が特に危ないといった内容。

はて、それではうちの町はどうだろうと、
昨日さっそく朝一で総務課、学校教育課、社会教育課
福祉保健課、消防本部の課長もしくは補佐、消防長に
連絡し、町施設の建築年度、アスベスト使用の有無、
対策を実行した年とその処置法などを確認・調査して
報告してもらうようにお願いした。

今日、さっそく確認できた施設があったので
掲載する。

○役場庁舎
 昭和53年建築 アスベスト使用あり 平成11年耐震補強工事の際撤去

○消防署
 昭和57年建築 アスベスト使用なし 他分団詰所も使用なし

○清水保育所
 昭和60年建築 アスベスト使用なし

○中央保育所
 昭和48年建築 アスベスト使用なし

○南保育所
 昭和49年建築 アスベスト使用あり 平成7年度撤去

○保健センター
 昭和57年建築 アスベスト使用なし

○福祉センター(授産所含む)
 平成3年建築 アスベスト使用なし

■2005/07/12 (火) 町施設のアスベスト使用状況(2)

と、以上のような状況。
今のところ使用が確認されているのは、役場庁舎と南保育所だが、
それぞれ現在は、撤去されている。

ただ、100%安心できないのは、
アスベストの被害は、その潜伏期間が30〜40年と長い点にある。
今はよくても、その当時の状況によっては
アスベストが飛散していて、影響があるような状態だったかもしれない。

アスベストは、前述した渋谷公会堂のように
たまにコンサートなどイベントに行って吸い込んだくらいでは
そんなに心配はないという。
問題は、そうした施設で毎日働いている職員や
子ども達が通っている学校などで
日常的にアスベストを吸い込んでいる状況があった場合である。

日本ではないようだが、欧米では教師がアスベスト被害で
訴えているケースがあるという。

今後、まだ、確認していない幼稚園・小学校・中学校・
町公民館・町体育館・町図書館・温水プールの状況は、
課長が調査・確認次第、連絡を受けることになっている。

また、アスベストが使用されていた役場庁舎、南保育所に関しは、
当時の状況など引き続き調べてもらうようお願いした。

今後も何か分かり次第報告します。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO