松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成17年10月27日(木)

沼津市クリーンセンター



昨日、沼津市のクリーンセンターへ見学に行った。

町長もゴミは、沼津市から撤退する方針を打ち出したし、
もう来年度から沼津市のゴミ焼却場は使わないかもしれないけど、
沼津市クリーンセンターは、沼津市と清水町の境にある。

別に来年度からこの場所から移転されるわけではない。
周辺住民で構成されている
沼津市清掃プラント運営協議会には、沼津市側11名に加え、
外原区から4名、長沢区と柿田区から各1名選出されている。

地元のことであるので見学することにした。
先週、クリーンセンターへ市外一般見学者として、
見学の予約の電話を入れた。

担当の方に「清水町の松浦といいます」
と伝え、日程調整をした。
こういう時期なので、変に怪しまれないように
議員であることは伏せていた。

ところが、昨日、クリーンセンターの管理課へ行き、
「見学の予約をしていた松浦といいますけど・・」と
伝えると、所長さんが直接、挨拶に来てくれた。

そして開口一番、「今朝も見ましたよ」と言われてしまった。
バレバレである。

見学は、清掃業者の仲間と3人でさせてもらった。
このクリーンセンターは、私も小学生の頃、
社会科見学に来たことがある。

建設は昭和51年で、もう約30年経過している。
ダイオキシン対策で平成11〜14年に2つある釜の交換をしているけど、
この釜もメンテナンスをやっていっても、15年くらいが
耐用年数だという。

だから、もう次のゴミ焼却場の建設を考えないといけない時期に
来ているという。

この清掃プラントは、1日150トン24時間稼働でゴミを燃焼させている。
持ち込まれるごみの量は全体で180トンで、
うち清水町のゴミは、1割ほどの17〜18トンである。

沼津市のゴミ焼却場は、制限いっぱいの150トンの処理が可能だけど、
普通は、年数も経つとだんだん処理能力が低下してくるものらしい。
それでも処理能力いっぱいまで燃やせるのは、
職員の技術が高いからだという。

所長さん直々に懇切丁寧に説明してくれながら、
中央制御室や収集車が運んできたゴミが集積されているピットの様子など
見学をさせてもらった。

はて・・、この清掃プラントをホントに清水町は
来年度から使えないのだろうか?

沼津市からは使わせないと言われ、
町長もあきらめて撤退すると表明してしまった。

やっぱりだめぽ?(´・ω・`)


上/中央制御室


上/ピットに入る収集車

下/ピット内に集積されたゴミ

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO