松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成17年10月31日(月)

「噂の!東京マガジン」の?



昨日放送の「噂の!東京マガジン」を見た。
みどり祭りの時も携帯型のテレビを持って行って
見ていたけど、よく分からない部分もあったので、
友達に録画したビデオを借りて家でじっくり見た。

番組の中で町長がインタビューされて、
「退路を断って」としきりに言って、
沼津市へごみ・し尿をお願いするような内容になっていたが、
スタジオ収録でもあったように、すでにごみは撤退することを
表明していた。

はて・・?どうしてと思ったけど、
ビデオでよく見ると、
町長は、放送の中のコメントでは「ごみ・し尿」という言葉を
使っていなかった。
ひょっとしたら、し尿のことを言っていたつもりだったかもしれない。

取材は14日(金)に受けて、議会にごみ撤退を表明したのは13日(木)
だけど、取材の申し込みを受けたのは、10月11日(火)で、
質問事項もあらかじめFAXで来ている。
状況が変わったことを町長は、うまく説明できなかったようである。

それとこの番組の中でリポーターの北野誠が
清水町の人口が「3万人弱」と言っていたけど31,500人です。
あと、沼津市へごみ・し尿以外にもたくさん事務委託を
しているような内容でしたけど、
その他の消防司令室の使用、介護認定審査会、
沼津夜間救急医療センター等は、広域行政でやっていることですので
当町だけの話ではありません。

裏を返せば、だからゴミとし尿について
沼津市がお断りしてきたともいえます。

さて、実を言うと私もこの番組の取材の申し込みをされていた。
話があったのが12日(水)で、詳細を聞いたのは翌13日(木)である。
ちょうどゴミ撤退を表明した午前中の議会意見交換会直後だ。

どうも私のホームページを見てきたようである。
翌日の14日(金)にお話を伺いたいと頼まれたが、
「他の議員さんにも取材をされますか」と聞くと
今のところないという。
私は、
「この問題は自分が生まれる前から歴史の長い事柄で、
とても私のような30歳そこそこの者が話せることではありません。
議長さんとか経験の長いベテラン議員さんに取材された後でしたら
構いませんけど・・」と言って断った。

ついでに、放送日を聞いたら、10月30日だと言うので、
「この問題は、先行き不透明なので
14日に取材しても30日には、また変わっているかもしれませんよ」
と話しておいた。

予想通り、変わってしまったけど・・。

20分ほどのコーナーだったけど、
この問題をテレビで扱うならもっと時間をかけて
掘り下げて欲しいところ。
それくらいデリケートで難しい問題だよ。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO