松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成17年11月27日(日)

総合的学習(清水中学校)



昨日、清水中学校で先月の南中学校同様、「夢を実現した地域の方」を
講師として招き、夢講座が行われる。

3学年全クラスを対象にして17人の講師の方が、
夢を実現するための過程、夢を持つことの意義などを
語ってもらう。

講師の方は、
○競輪選手
○消防士
○アナウンサー
○テレビ局ディレクター
○英会話講師
○接骨鍼灸師
○医師
○専業農家
○公認会計士
の方ほか経営者や芸術系の職業の方など。

1/3くらいの講師は知っている方で、
この方はどんな話をするのだろうとのぞきに行ったら、
気がつかれてしまい、余計なプレッシャーを与えてしまった。

1時間10分の時間のうち、半分くらいを接骨鍼灸師の方の話を
聞いていた。
話もさることながら、
「針を刺してもらいたいモノ」と言うと
生徒が「ハイ、ハイ、ハ〜イ」と何人も手を挙げる。
代表して4人の生徒が、
脳天の百会(ひゃくえ)という経絡に針を刺してもらう。

みんな「痛くないか?」とか「お〜」とか言いながら、
その様子に釘付けとなる。
針の他にも腰にテーピングのようなモノを張ることによって、
前屈が驚異的にできるようになったりと
プロの技に引き込まれる。

最後に担任の先生が夢について生徒に質問した。
何人かの生徒が
「夢を持つとくやしさや喜びを感じ、どうすれば実現できるか考えるようになる」
など発言した。
先生は、夢を持つことは自分と向き合うことであり、
自分を大きくすることとまとめていた。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO