松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成18年1月17日(火)

沼津市へ二重払い?(臨時議会)



本日、平成18年第1回清水町議会臨時会が行われ、
「議案第1号 平成17年度清水町一般会計補正予算(第6回)について」が
審議され、全会一致で可決された。

内容は、当面必要となる三島市衛生プラント施設補修費に42,945千円、
廃棄物処理施設適地調査業務(平成18年度まで)に債務負担行為補正で
100万円である。

廃棄物処理施設適地調査業務は、地区懇談会での住民からの
意見などをもとにし尿処理場の設置が町内でできるかどうかの
調査費用である。

町長は、12月の岩崎議員の一般質問で、
「ごみ・し尿処理施設の建設は考えていない」との答弁だったが、
政策転換をしたことになる。

私は、本会議で下記の6つの点について質問した。

1.これまでのごみ・し尿処理単価と今後の単価

(住民生活課長答弁)
○し尿処理の単価(円/KL)
 沼津市へお願いしていたこれまでの単価 7000円
 来年度からお願いする三島市の単価 5400円(現在協議中)

○可燃ごみ処理単価(円/t)
 沼津市へお願いしていたこれまでの単価 28500円
 来年度からお願いする函南町の単価 27500円(現在協議中)

2.沼津市から三島市・函南町へお願いすることにより安くなるようだが、
 今年度の推計で行くと年間どのくらい浮いてくるか?
 併せて、沼津市のごみ処理単価は?

(住民生活課長答弁)
○し尿:年間800万円弱浮く
○ごみ:年間500万円ほど浮く
○沼津市ごみ処理単価は、平成15年度決算から推計すると21000円である。
 清水町との差額が7500円ほどあるが、これは施設償還費だと思われる。

3.沼津市の処理単価より高い金額を設定され、その差額は償還費と
 思われるとのことだが、
 仮にそうだとすると基幹改良費6億円弱も払っているので
 2重払いでないかと思うがどうか。

○(助役答弁)
 施設を持たない立場でこれまで対等な話し合いができなかった。

4.1月14日の静岡新聞に沼津市と清水町のごみ・し尿処理問題が掲載された。
 3年後に沼津市へ再びお願いする考えはあるか。
 また、沼津市との関係修復、合併の検討についての見解は?

○(町長答弁)
  沼津市の強硬姿勢による打ち切りの話で、負担金の返還交渉を行って
 いることもあり、「元のさや」に戻る環境にはない。
  沼津市との合併の検討については、1市1町の合併はできないと
 言ってきたのは沼津市からであり、地区懇談会における町民の意向も
 1市1町の合併を否定するものであった。
  こうしたことから、ごみ・し尿処理については、
 沼津市から離脱したものであり、また、負担金返還交渉も行っている。
 3年後については、現在、長期的な方策を考えているところで、
 再び、沼津市と合併話をするということは、本末転倒な話だと考えている。

5.これまでの負担金返還交渉の経緯

○(助役答弁)
 清水町側からマスコミなどを入れた公開を求めたが、沼津市側は拒否。

6.今後の負担金返還交渉について

○(町長答弁)
 解決に向けて話し合いを続けていく。

以上が、私の質問。
今日は、10時から始まって終わったのが夕方の4時30分。
一本の議案の採決をするのにこんなに時間をかけたのは、
先輩議員でもこれまでないと言っていた。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO