松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」>平成18年2月1日(水)

沼津市長と清水町長の負担金協議



沼津市との首長同士の負担金協議の報告が来ましたので
掲載します。

***************************

                         事務連絡
                         平成18年2月1日
 清水町議会議長 坪内昇様
                         清水町長 平井弥一郎

    沼津市との負担金返還に係る首長協議の概要について(報告)

 本日行われました沼津市との首長協議の概要について、下記のとおりお知らせい
たします。

                 記

 会談の主な要点
 
 ●清水町は別紙文書を市長に渡し、清水町としての考え方を述べました。

 ●会談の結果は、これまでの事務方・助役レベル同様に隔たりがありました。

 ●清水町長
   負担金返還問題は民事的な色合いが強いものであり、専門的知識のあ
  る方への相談もしなければならないが、できる限り行政間の話し合い
  で解決したい。

 ●沼津市長
   返還は困難である。その理由は、
   ・施設は既に出来上がっている。
   ・一定量の処理量を予定していたが、稼働効率が下がってしまう。

***************************

(別紙文書)

                         平成18年2月1日

  「沼津市清掃プラント基幹改良工事及び沼津市衛生プラント
  建設費負担金」の返還に係る清水町の考え方について

1  標題の件に係る両施設の負担金については、長期的な使用を前提として
 拠出したものであり、また、両施設を使用するについては、両施設の規約
 及び協定書に基づき、これまで誠実にりこうしてきたところでありますが、
 今回、平成18年4月1日から使用できなくなることは、両施設の規約及
 び協定書に基づかない理由により使用を断念せざるを得なくなったもので
 ありますので、両施設の建設等に係る負担金の返還を求めるものでありま
 す。
  なお、両施設の負担金の返還額については、今後協議させていただきた
 いと思います。

2 両施設の負担金については、規約等に基づき拠出しているものでありま
 すので、し尿処理規約の廃止及びごみ処理協定の廃止確約書の取り交わし
 については、負担金問題の解決後と考えています。

 <参考>清水町が負担した額
      ア 沼津市清掃プラント基幹改良工事
        ・期 間 平成11年度〜平成14年度
        ・負担額 590,381千円
      イ 沼津市衛生プラント建設工事
        ・期 間 平成14年度〜平成16年度
        ・負担額 930,869千円

***************************

(その2)
広報しみず2月1日号で「ごみ・し尿処理」アンケートを行うという。

アンケート内容については、下記、町ホームページ参照(PDF)
http://www.kakitagawa.tv/shimizu-t/kurashi/oshirase/2006.2.1/11.pdf

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO