松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年3月1日(水)

町長施政方針



今日は議会初日。
来年度に向けての施政方針が町長からあり、
冒頭、緊急かつ最重要課題として、
町民のライフラインであるごみ・し尿処理体制の安定的確保のため、
早期に解決が図られるよう最大限努力していくという。

また、広域合併について、政令指定都市実現に向け、
その前段階である中核市以上の広域都市づくりの掛け橋役として、
全身全霊努力すると説明。

その他5つの重点目標が示される。

(1)「行政改革の推進」
○総人件費の抑制を行い、今後5年間で4.8%以上の職員数の純減化していく。
○ワンストップサービスを行い、各課の窓口で行っていた各種の手続きを
1箇所で行えるようにする。
○町施設の指定管理者制度を導入。
○清水・長泉循環バスの撤退。庁内循環バスを7月から2から1系統へ。

(2)「子育て環境の充実」
○防災センターにファミリーサポートセンターの設置。
○新年度にオープンする民間保育所へ地域子育て支援センター事業や休日保育事業を委託。
○乳幼児医療費の助成で通院について自己負担額1回500円を200円へ。

(3)「高齢者対策の充実」
○3箇所あった在宅介護支援センターを地域包括支援センターへ統合。
○低所得者の居宅介護サービスについて利用負担額の軽減を図る。

(4)「防災・防犯体制の充実」
○防災センターの設置による住民票の発行や町図書館との図書の取り次ぎ、会議室の貸出。
○清水町国民保護計画の策定。
○学校周辺パトロールを地域の方々の力へ。公用車などに青色回転灯を搭載。
○高規格救急車の導入。
○AED(自動体外式除細動器)を町公共施設へ合計6台設置。

(5)「地球温暖化防止対策」
○防災センターへ太陽光発電設備の設置(平成17年度済み)。
○一般住宅への太陽光発電設備の設置にその費用の一部を助成。

といったところ。
他にもあるけど、また新規事業などについては
3月議会終了後にまとめて掲載します。

(おまけ)
議員控室では、議員のみなさん永田議員と民主党の話題で盛り上がっている。
「俺らだって何か追求するときはウラをとるのに、何でしなかったんだ?」
「自民党は前原民主党の方がいいんじゃないか?」
なんて感じ。

墓穴掘った民主党。
今選挙やったら投票率何パーセントになるんだ?
政治不信を招いた民主党の責任は極めて重い。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO