松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年3月29日(水)

平成18年度一般会計継続事業【増額分】



平成18年度清水町一般会計当初予算で
主な継続事業で増額されたものを金額の高い順に掲載します。

【増額分】

○「西間門新谷線第8工区」234,314(千円)前年比 +95,875(千円)
 町道4号線(久米田−的場)交差点(久米田)西側から三島市行政境までの区間における道路新設
 ・用地取得、物件補償費等

○「児童手当給付事業」239,701(千円)前年比 +59,649(千円)
 平成18年度から対象年齢が、小学校第3学年修了前から小学校修了前までに拡充されるとともに、
所得制限が緩和される。

○「柿田川公園整備事業」32,100(千円)前年比 +11,655(千円)
 柿田川公園の整備に係る経費
 ・八つ橋(遊歩道)整備

○「乳幼児医療費助成事業」81,278(千円)前年比 +11,212(千円)
 乳幼児の健全な育成を図るため、小学校未就学児の通院及び入院治療に要する医療費の助成経費
 平成18年度から、保護者への負担額を、通院1回に付き500円から200円へ引き下げる。
 (限度額は月4回の800円まで)

○「新沼津夜間救急医療センター整備事業負担金」9,877(千円)前年比 +8,826(千円)
 休日夜間の救急体制を整備するために建設する新沼津夜間救急医療センター建設費の負担金
 移転予定地 沼津市日の出町389番地の2
 建設費総額 442,000千円
 事業期間  平成18年度〜平成19年度
 (沼津市、三島市、裾野市、函南町、清水町及び長泉町の3市3町で負担)

○「成人・老人健康診断事業」97,989(千円)前年比 +8,729(千円)
 生活習慣病の早期発見、早期治療のために実施する、基本健康診査、がん検診、
歯科口腔健診等の経費
 介護保険法の改正に伴い、平成18年度から65歳以上の基本健康診査に
介護予防等の必須項目が追加される。

■2006/03/29 (水) 平成18年度一般会計継続事業【増額分】(2)

○「粗大ごみ処理経費」44,517(千円)前年比 +3,386(千円)
 一般家庭からの粗大ごみの運搬処分経費
 平成18年度から粗大ごみの受入日等を拡充する。
  ・平成17年度 月〜金 9:00〜15:00(祝日を除く)第3日曜日9:00〜16:00
  ・平成18年度 月〜金 9:00〜17:00(祝日も受入れる)土日9:00〜12:00
   いずれも年末年始を除く。

○「小中学校幼稚園トイレ洋式化推進経費」8,770(千円)前年比 +2,120(千円)
 小中学校、幼稚園の児童生徒用トイレ1箇所につき、1器の便器を洋式化。
平成18年度で完了

○「TOUKAI-0推進事業」5,826(千円)前年比 +1,784(千円)
 住宅の耐震化を促進するため、専門家診断が必要な住宅に県耐震診断補強相談士の派遣委託や
木造住宅の耐震補強工事に対する助成等に係る経費

○「特定交通安全施設整備事業」83,095(千円)前年比 +938(千円)
 町道5号線(中徳倉・下徳倉境−上徳倉/スーパーカドイケ東側南北道路)の歩道整備
 ・工事 側溝工90m、用地取得、物件補償等

○「介護保険支援事業」3,267(千円)前年比 +731(千円)
 介護サービスの継続的な利用促進を図るため、
低所得者に対する介護保険の利用者負担額の軽減措置に要する経費
 ・障害者ホームヘルプサービス利用者利用料の助成
 ・社会福祉法人等による利用料減免の助成
 ・居宅サービス利用者利用料の助成
 (新第2段階に該当する者の1ヶ月の負担限度額を15,000円から10,000円に引き下げる)

○「徴収体制の充実」1,000(千円)前年比 +300(千円)
 徴収指導員(国税OB)による、地方税法に規定する国税徴収法に基づく滞納処分に係る
財産調査の方法及び処分事務手続き指導等に係る経費
 一人年間50回

【同額分】
○「勤労者資金貸付金」33,200(千円)前年比 ±0(千円)
 勤労者の持ち家取得促進のため、
住宅建設等に係る費用に対する貸付や生活及び教育資金に対する貸付

○「海外姉妹都市等交流費事業費補助金」2,700(千円)前年比 ±0(千円)
 カナダ・スコーミッシュ市への中学生のホームスティ派遣事業等に対する補助

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO