松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年3月30日(木)

平成18年度一般会計継続事業【減額分】



平成18年度清水町一般会計当初予算で
主な継続事業で減額されたものを金額の高い順に掲載します。

【減額分】

○「交通安全施設整備事業」33,847(千円)前年比 △42,622(千円)
 町道3号線(長沢-久米田)歩道設置外の整備事業

○「循環バス運行事業」13,068(千円)前年比 △17,597(千円)
 町内循環バス運行経費
 清水長泉循環については、平成18年3月末で撤退する。
 また町内循環バスについては、平成18年7月から2系統を1系統に見直す。

○「し尿処理経費」29,160(千円)前年比 △13,200(千円)
 一般家庭からのし尿及び浄化槽汚泥の処理に係る経費(平成18年度から三島市へ委託)

○「西間門新谷線第3工区整備事業」37,014(千円)前年比 △12,400(千円)
 大東製機東側から伊沢石材店(柿田)までの整備事業
 平成18年度は、柿田町営住宅前バス停付近から南側区間約140m、北側区間約30m、
合計約170mについて、歩道整備及び電線地中化工事を実施

○「小学校低学年学校生活支援事業」17,825(千円)前年比 △10,466(千円)
 小学校低学年児童の落ち着いた学習活動・学校生活の確保のための1クラス2人指導体制経費
 なお、平成18年度から学校生活支援員の第3学年への配置を見直す。

○「可燃ごみ処理経費」155,834(千円)前年比 △8,940(千円)
 一般家庭からの可燃ごみの収集運搬及び処理等に係る経費(平成18年度から函南町へ委託)

○「介護予防・生活支援事業」21,805(千円)前年比 △6,283(千円)
 在宅の要援護高齢者、ひとり暮らし高齢者等の自立した生活の確保に対する支援経費
 ・緊急通報システム設置
 ・高齢者配食サービス
 ・紙おむつ給付
 ・いきいきサロン
 ・外出支援サービス等
 (1)いきいきサロンの一部、及び
 (2)生活管理指導員派遣業務が、
  それぞれ介護保険事業特別会計の介護予防事業として実施される。

○「避難態勢確立事業」8,978(千円)前年比 △5,291(千円)
 広域避難所等における備蓄用保存水や毛布、ブルーシート等の資機材整備と、
一時避難地の表示看板の設置工事に係る経費

○「急傾斜地崩壊防止事業」5,400(千円)前年比 △4,100(千円)
 道路法面の保護工事 町道542傲然(徳倉佃地区)擁壁工9.5m

○「ごみリサイクル事業」107,007(千円)前年比 △3,568(千円)
 環境にやさしい資源循環型社会へ転換を図るため、
ペットボトルやプラスチック容器、古着等の分別収集・処分等に係る経費

○「バス路線運行維持事業助成」900(千円)前年比 △3,300(千円)
 (株)沼津登山東海バスの三島〜沼商路線に係る不採算路線の赤字額を補填

○「防災資機材整備事業」1,491(千円)前年比 △1,901(千円)
 自主防災買いに貸与する発電機・投光器セットやリヤカーの整備に係る経費

○「学校周辺パトロール経費」1,224(千円)前年比 △540(千円)
 犯罪から児童を守るための学校周辺におけるパトロールに係る経費
 なお、平成18年度から、地域住民の協力によりパトロール体制の充実を図る。

○「ダイオキシン類土壌濃度測定調査業務」150(千円)前年比 △456(千円)
 ダイオキシン類発生の影響を調査するため、町内1箇所の土壌濃度の測定に要する経費

○「中小企業事業資金等融資利子補給事業」2,394(千円)前年比 △341(千円)
 町内中小企業の育成振興を図るため、金融機関から融資を受けた事業資金に対する
利子補給に要する経費
 ・短期経営資金利子補給
 ・小口資金利子補給

○「清水町商工会特産品等振興事業費助成」500(千円)前年比 △200(千円)
 清水町の特産品振興としてみどり米及び水の販路等を研究する清水町商工会への助成

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO