松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年6月17日(土)

男性の栄養講座



今日は、午前中、保健センターで
「男性の栄養講座」があった。

栄養講座というと何か堅いがようは
「オトコの料理教室」だ。

先月、健康栄養相談を受けたとき、
「男性の料理教室もあるから来てください」
と言われたので参加してみることにした。

集まったのは、男性10人くらいかな。
ほとんど年配の方だが、看護学校の学生も2人だか来ていた。
それに栄養士さんと所長と保健師さん。

最初にオリエンテーション。
食事は、主食+主菜+副菜+汁物+果物と5品くらい作って、
6つの基礎食品をバランス良く摂りましょうと教わる。
それと、計量スプーンと計量カップの説明も受ける。
計量スプーンや計量カップ使うなんて中学校の家庭科の授業以来だな。

今日の献立は、「ゴーヤチャンプル」と
「オクラとジャコのわさび醤油和え」と
「じゃが芋のワンタン揚げ」である。
これにご飯とパイナップルゼリーがつくのだが、
栄養士さん達の方で用意してくれた。

さて、4つのテーブルで3人ずつ分かれてみんなで
分担して調理する。

私は、まず「オクラとジャコのわさび醤油和え」を作る。
オクラを洗い、塩をかけて板づりをする。
こうするとオクラがなめらかになる。

その後、沸騰した鍋にオクラを入れて茹でる。
ちょっと茹でればいいのに茹ですぎて
ネバネバがしみ出してきた。
これにジャコと醤油・わさびを入れて味付けする。
う〜ん、簡単だ。
酒の肴にいいな、これは。

「じゃが芋のワンタン揚げ」は、
じゃが芋を茹でて皮をむく。
じゃが芋を熱いうちにつぶして、みじん切りにしたロースハムと
パセリ・塩こしょう・マヨネーズを混ぜる。
これをワンタンで包む。
そして油で揚げる。

ワンタン包んだけどうまく包めない。
形がいびつだ。
油で揚げると膨らんできてきつね色になる。

「ゴーヤチャンプル」は、
ゴーヤを薄くスライスして水につけ、
水切りした後熱湯にかける。
こうすると苦味が薄れるという。

豆腐を水切りして、
ベーコンを1cmぐらいに切っておく。
フライパンでベーコンとゴーヤを入れ塩こしょうをして下味をつけ、
豆腐を砕きながらい入れ、少し炒めて、その上から
卵を溶いて入れる。
お皿に盛りつけて鰹節と醤油をかける。

お〜、なかなかの出来栄えである。
1時間半くらいかかっただろうか。
時間をかけた分だけおいしそうに見える。
料理も知らないテクニックや調理法を教わって
みんなで作るととても楽しい。

テーブルに料理を並べて、
栄養士さんのかけ声
「手を合わせてください。いただきます」
で、いただいちゃいました。
う〜ん、できたのだけ見ると
どうやって作るんだろう?と思うけど
実際作ってみるとやれるもんだなと思う。

皆さんに参加理由を聞くと
「やっぱり一人になったときのことを考えて料理をしてみようと思った」
など、けっこう切実な理由である。

保健師さんに「料理のできる男はもてる」と言われた。
一緒に参加した看護学校の学生は、
「かぼちゃグラタンで彼女を落とした」と武勇伝を語った。

私は、今はあまり料理はしないが、
東京にいた8年前、毎日自炊をしていた。
当時付き合っていた彼女から月1万円もらって
私が夕食を作っていた。
私は、仕事も辞めて英会話学校に通い、ボランティア活動をしていて
彼女は働いていたのでお金をもらって私が食事を作っていた。
主夫みたいな生活をしていた。

レパートリーなんてあまりないし凝ったもんなんて作れないが、
料理の本も買ってどんなもの作ろうか考えるのが
なんか楽しかった思い出がある。

次回は、半年先であるが、
11月29日(水)にあるそうなので、
時間があり、興味のある方はどうぞ。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO