松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年9月4日(月)

教育委員会委員の任命



金曜日の議会初日に
議案第43号と44号で「清水町教育委員会委員の任命について」
というのがあった。

それぞれ、教育委員会委員長の鈴木謙次氏と教育長の犬塚正登氏の
退任によるものである。

鈴木氏は、平成10年から2期8年、
犬塚氏は、平成8年から3期10年務める。

犬塚氏は、任期途中である。

代わって、任命されたのが

○伊倉恒信氏
伏見在住、昭和18年生まれ。
沼津市内の小中学校教諭・教頭・校長を歴任、
平成16年3月片浜中学校校長を退職。

○渡邉智氏
八幡在住、昭和15年生まれ。
昭和38年清水村立清水中学校教諭を皮切りに
近隣の小中学校の教頭・校長を歴任、
平成13年3月に函南町立東中学校校長を退職。
現在、清水町社会教育指導員・清水町教育相談員をされている。

これから決まるが、渡邉氏は、
犬塚氏の後任として教育長になる可能性が高い。

私は、教育委員会委員を人選するにあたって、
2回質問した。

1回目は、
清水町在住で、過去10年間に退職された学校の先生のうち、
清水町の小中学校の校長先生を経験された方は何人いるか?

教育長が答弁して2人いるという。

2回目に
その二人に今回、人選するにあたって候補として考えたり、
打診をしたか?

町長が答弁したけど候補として考えなかったという。

私の考えでは、教育長になるような方は、
町内の小中学校の校長先生をされた方が
引き継いだ方がその経験が生かせると思う。

誰もいないなら選択肢として考えようがないが、
いるんだからどうして候補として考えなかったのか疑問に思った。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] Mtg @₦΍ Yi ^T[o[@SEO