松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年9月28日(木)

職員定数の変更



今日は、臨時議会が行われた。

議案は
議案第60号「清水町職員定数条例の一部を改正する条例について」
である。

清水町の職員は、4つの部局に分かれていて、
定数は下記の通りである。

1.町長の関係部局の職員 170人(実数163人)
2.議会の事務部局の職員 3人(実数3人)
3.教育委員会の関係部局の職員 75人(実数59人)
4.消防の関係部局の職員 42人(実数41人)

である。
上記の人数は、定数で合計が290人であるが、
正規職員の実人数は現在266人である。

先の9月議会で
「清水町課設置条例の一部を改正する条例」で、
町長部局の保育所に関する事務を教育委員会部局に移すことになった。

そこで、それぞれの定数も変更となり、

1.町長の関係部局の職員 130人(実数130人)
2.議会の事務部局の職員 3人(実数3人)
3.教育委員会の関係部局の職員 95人(実数92人)
4.消防の関係部局の職員 42人(実数41人)

となる予定である。

異動となる保育所職員30人と福祉保健課児童係3人分が
教育委員会部局へ移り
合計の定数も270人と実数に近づけて改正した。

清水町は行政改革の一環として職員の適正化計画を昨年度策定し、
平成22年までに合計256人にする予定である。

なお、機構改革と共に11月1日からこの体制になる予定である。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] Mtg @₦΍ Yi ^T[o[@SEO