松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年10月13日(金)

F1開催視察研修~富士スピードウェイ



昨日の小山町でのパークゴルフ大会の前、
午前中、富士スピードウェイへ視察研修を行った。
http://www.fsw.tv/

来年の10月7日にF1日本グランプリが開催される予定だが、
(その後、9月28日(金)~30日(日)に正式決定)
周辺自治体にも交通面などいろいろな影響がでることが
予想されるので、小山町議会さんのご厚意で、
開催概要・交通計画概要などの説明を
富士スピードウェイ株式会社さんの方から
してもらうことになった。

会場は、富士スピードウェイ施設内になる
トヨタ交通安全センターモビリタの研修施設である。

まず、F1マシンとはどんなクルマなのか説明を受ける。
F1マシンは、わずか200メートルの距離の間で速度200キロまで達して、
さらに停止することができるクルマである。
その間わずか7秒だという。

富士スピードウェイは、1966年に三菱地所と大成建設によって開業。
1976~77年には、F1日本グランプリが開催されるも
死亡事故が起きて、その後の大会は中止になる。
2000年にトヨタ自動車が経営参加し、
2002年9月からリニューアル工事。
2005年4月にリニューアルオープンである。

今年のF1グランプリは、全世界で18戦が開催され、
原則として1国1グランプリである。

F1GPを開催したい国は、メキシコ・韓国・ロシア・南アフリカ等
後を絶たない夢のイベントである。

F1の来場者数は、2004年実績で総観客数400万人。
1GP平均21万人。
F1GPは、練習日・予選日・決勝日と3日間行うが、
1GPの平均観客数は、3日間で21万人。

2007年の日本GPでは、
金曜日(練習日)5万人
土曜日(予選日)9万人
日曜日(決勝日)14万人
と合計約28万人と見込んでいる。

富士F1GPの開催方針は、
(1)すべてのお客様(地元の皆様、観客、関係者等)への徹底した“おもてなし”。
(2)地元の発展と一体となった地元共生型イベントの実現
である。

交通計画については、2003年から3年間かけて策定している。

決勝日の来場者は、大会関係者が8,000人。
観客が132,000人でこれ以上にはならないという。
富士スピードウェイへの交通手段については、
3つの方法でチケット販売による事前の来場手段をコントロールする。

(1)鉄道駅からのシャトルバスと入場観戦券とのセット化
(2)臨時駐車場と入場観戦券のセット化
(3)直行バスと入場観戦券のセット化
である。

(1)は、御殿場線足柄駅、JR三島駅、小田急開成駅、
  富士急富士吉田駅からのシャトルバス。(5万人)
(2)は、裾野周辺、大井松田周辺、北富士エリア周辺の
  駐車場からのシャトルバス。(5.5万人)
  尚、裾野周辺の駐車場は、関東自動車・ゴルフ場など駐車場を考えている。
(3)は、首都圏などからの直行バス(3.5万人)

以上の手段によって交通手段の分散化を図り、
レース後にもイベント等で帰宅時間の分散化も考えているという。

よくテントなど張るところはないかという問い合わせがあるようだが、
1年目はそのような来場方法はお断りするという。
5年間契約なので2年目以降については、1年目の状況を見て
テントでの来場も考えてみるという。

ちなみに小山町の議長さんが、
小山町はもちろん、箱根や南は沼津、富士五湖方面の保養所やホテルは、
全ておさえられているらしいと言った。

驚いて、帰ってきてから当町のホテルに電話したら
9月24日から10月21日までの1ヶ月間、
旅行会社によって全室仮予約がされていた。
しかも去年から・・。

たぶん、伊豆方面の宿も押さえられているだろう。
開催日の正式決定は、今月の18日なので、
日程が決まればまるごと1ヶ月おさえられることはないだろうが、
当町にもF1の影響が既に出ていた。

鈴鹿GPなんかも鳥羽方面まで宿が埋まるという話を
友人から聞いていたので、予想はしていたが、
すでに富士F1日本GPは始まっているのだ。

GP当日は、小山町や静岡県の特産品ブースなども作り
地元の皆様と協力していきたいという。
ボランティアの組織や募集も考えているようである。

研修に先立ち、施設内を見て回った。
何度も来ているところだけどまさか議員活動で来ることになるとは
思っても見なかった。

コントロールセンターや表彰台、プレスルームなど
プライベートでは見られないようなところも案内してくれた。
最後に町のバスで本コースを2周走った。
まったくもってあり得ない光景だ。

この日も天気が良く富士山がよく見えた。
来年は、この富士スピードウェイから、
全世界に向けてこの雄大な富士山が発信される。
F1並の迫力と感動が世界の人たちに伝わるだろう。

久々にブロードバンド放送局に視察の様子配信しました。

(付記)
富士スピードウェイの本コースは、
1時間借りるのに63万円。
ショートサーキットが1日63万円。
広告看板は500万円から。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] Mtg @₦΍ Yi ^T[o[@SEO