松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年12月13日(火)

議員定数は2減で全会一致の可決



本日、第4回定例会最終日、
議員定数等調査特別委員会委員長の名倉勉議員から
議員定数を2つ減らして16とする
「清水町議会議員定数条例の一部を改正する条例」が提出され、
全会一致で可決した。

提案理由は、
「厳しい社会経済状況を踏まえ、行財政改革の推進の一翼を担う議会自らが
議会改革を推進するため、議会議員の定数を削減するものである。」

この条例は、平成19年1月1日から施行し、この条例の施行の日以後初めて
その期日を告示される選挙から適用する。

ということで、来年4月に任期満了となる町議会議員選挙は、
定数16で争うことになる。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] Mtg @₦΍ Yi ^T[o[@SEO