■昭和48年12月、静岡県駿東郡清水町の国立東静病院(現・静岡医療センター)で生まれる。現在43歳。

■清水町立清水北幼稚園卒業
■清水町立西小学校卒業
■清水町立清水中学校卒業
■日本大学三島高等学校卒業
■日本大学文理学部社会学科卒業

■大学卒業後、東京都中野区にある「特別養護老人ホーム浄風園」にて介護職員として勤務。
 福祉の進学・就職ガイド〈99年版〉進学就職研究会 の取材を受け、先輩介護職員の巻頭インタビューとして紹介される。
 平成9年夏にベトナムスタディーツアーに参加し、NGO活動に関心を持つ。
 翌年の3月に「特別養護老人ホーム浄風園」を退職。1年間ボランティア活動などを行う。

■平成11年4月、ウォーター・ビジョンが静岡県で最初に(NPO)特定非営利活動法人に認証されるに伴い帰郷し、事務職員として勤務。
 その後4年間、清水町を中心に地域社会の文化芸術・福祉・国際協力などさまざまな分野で活動する。平成15年3月退職。

■平成15年4月、統一地方選挙において29歳で清水町議会議員選挙に立候補し、635票を獲得、11位で当選(定数18/候補者21人)。
■平成19年4月、統一地方選挙において2期目の清水町議会議員選挙に立候補し、736票を獲得、11位で当選(定数16/候補者18人)。
■平成23年4月、統一地方選挙において3期目の清水町議会議員選挙に立候補し、735票を獲得、8位で当選(定数16/候補者17人)。
■平成27年4月、統一地方選挙において4期目の清水町議会議員選挙に立候補し、1214票を獲得、3位で当選(定数14/候補者17人)。

清水町議会での所属委員会等(一部事務組合含む)
・民生文教委員会(委員長)
・清水町植林委員会(委員長)
・三島市外三ヶ市町箱根山林組合
※これまで議会内の役職歴(民生文教委員会副委員長、議会広報特別委員会副委員長、民生文教委員会委員長、議会運営委員会委員長、副議長、議会改革特別委員会副委員長等)

松浦俊介Top>自己紹介

自己紹介



 



















■党籍なしの無所属


■議会以外での主な活動
・災害ボランティアコーディネーター/静岡県・静岡県ボランティア協会(平成11年度講習会受講)
・『普通救命講習』修了/清水町消防署(平成17年9月11日講習会受講)
・『日本拳法』三段/特定非営利活動法人日本拳法協会(平成17年5月29日認定)
・『清水町ファミリー・サポート・センター』受託会員(平成18年6月26日講習会受講)
『静岡RCパラシューター』役員室長/富士スピードウェイにて毎年夏に開催される『K4-GP』に参戦(平成18年〜現在)
・『清湧神輿会』会員(平成19年6月〜現在)
・『日本自治学会』会員(平成20年6月〜現在)
・『清水町影奉仕』/清水町内の清掃活動、主に伏見のガスタンク周辺(平成21年2月〜現在)
・『夜の坐禅の会』/三島の曹洞宗・常林寺で「坐禅の会」を主宰(平成21年5月〜現在)
・『東洋哲学勉強会』会員/中国の歴史書を題材に哲学の勉強(平成21年7月〜現在)
・『林英臣政経塾』塾佑/松下政経塾第一期生の林英臣塾長による政治家天命講座受講(第五期:平成22年1月〜12月)
・『清水町自衛隊協力会』会員(平成22年5月〜)
『龍馬プロジェクト』会員(平成22年8月〜)
・『東部MICE振興議員ネットワーク』会員/静岡県東部地域のビジネストラベル振興のための議員ネットワーク(平成23年9月〜)
・『「発達障害者の支援を考える」議員連盟』会員/静岡県東部地域に「発達障害者療育支援センター」の設置を求める地方議員連盟(平成24年10月〜)
・『公共コミュニケーション学会』会員(平成26年6月〜)
・『貴船神社奉賛会』会員(平成26年7月〜)
・『長沢しゃぎり会』会員(平成27年11月〜)
・『エフエムみしま・かんなみ VOICE CUE 〜77.7MHz 金曜18:30 宝島大作戦』不定期出演(平成28年6月〜)
・『清水町猟友会』会員(平成28年10月〜)




■書籍
・清水町議会へ行こう!第1巻
・「100人の龍馬」PHP研究所(税込1,575円)


NPO法人ウォーター・ビジョンで働いていた時に手掛けた主な事業
・清水町教育委員会委託事業の『泉のまち音楽会』『泉のまちカレッジ』(平成11年5月〜平成15年3月)
・柿田川授産所との協働による『点字名刺普及事業』(平成11年12月〜平成15年3月)
・静岡県委託事業の『東部障害者マルチメディア情報センター』の管理・運営(平成13年7月〜平成15年3月)
・静岡県委託事業の『障害者就労支援講座』『障害者自立促進事業』(平成13〜14年度)
携帯メール&インターネット講習会(平成13〜14年度)
・東海道四〇〇年祭(静岡県)『黄瀬川宿の隠れた歴史〜音楽宿場』(平成13年・2001年)
『竹田共生塾』事務局/竹田恒泰氏による環境問題・時事問題・歴史などの勉強会(平成11年10月〜平成19年4月)
スペイン語講座(平成14年10月〜平成15年3月)


■その他のこれまでの主な活動
・『地域特産品販路開拓支援事業』研究委員/清水町商工会(平成12〜14年度)
・『コミュニティ静岡』編集委員/静岡県コミュニティづくり推進協議会(平成13〜14年度)
・『コミュニティ静岡』情報通信員/静岡県コミュニティづくり推進協議会(平成13年度〜20年度)
『地域情報化読本』編集委員/静岡県情報政策室(平成14年度)
・清水町まちづくりリーダー養成講座『夢ステージ21』受講/清水町(平成11年度)
ボーイスカウトOB(ボーイスカウト清水町第1団)
『衆議院議員細野豪志のディベート倶楽部』コーディネーター(平成13年2月〜現在活動停止中)
横浜野宿者支援活動/冬季限定
・『漢話会』中国語講座会員(平成16年5月〜)
・『よい国つくろう!日本志民会議』志民(平成22年4月)
一般社団法人日本教育再生機構』登録サポーター(平成22年11月〜平成24年12月)


■趣味
・神社散策(好きな神社/三嶋大社・箱根神社・出雲大社・須佐神社・熊野本宮大社)
・サッカー(週1回練習してますがヘタクソです)
・ドライブ及び富士スピードウェイでの走行会(運転は好きですがクルマのことは全然わかりません)
・アメリカンフットボール観戦

■家族構成
・妻、長男、次男

■座右の銘
「吾(われ)嘗(かつ)て大勇(たいゆう)を夫子(ふうし)に聞けり。『自ら反(かえ)りみて縮(なお)からずんば、褐寛博(かつかんぱく)といえども、吾惴(おそ)れざらんや。自ら反りみて縮かれば、千万人といえども、吾往(ゆ)かん。』」

(訳)私はむかし、大勇とは何かを孔子様に伺ったことがある。孔子様がおっしゃるには、「自らを省みて、正しくないとわかれば、たとえ相手がとるにたらないものでも私は恐れる。しかし自らを省みて、正しいと思うのであれば、私は千万の敵であろうと恐れることはない。」
中国の古典・『孟子』の一節で、孔子が語った「大勇」についての言葉です。

※「縮」・・・義理にあう、正しい
  「褐寛博」・・・毛織のダラダラの衣服のことで、転じて貧しい人、身分の低い人、取るに足らない人。


Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO