松浦俊介Top「コラム」ダイジェスト>平成18年4月11日(火)

中国から国境を越えてくるもの



雨が降ると車が砂でかなり汚れる。
たぶん黄砂だろう。
中国政府から洗車代もらわないとかなわんな。

黄砂は、昔からあるけど、
近年は、砂漠化も進み被害が拡大しているように思える。

黄砂でだけでなく中国の工業化、モータリゼーション等により、
二酸化炭素が偏西風にのって酸性雨ももたらしているという。

日本近海では大量発生している巨大クラゲの
エチゼンクラゲも中国近海の富栄養化によるものだという。
エチゼンクラゲは中国の生物兵器か?なんて過激なことを言う人もいるが、
日本の漁業被害を考えれば決して小さな問題ではない。

福井県では「エチゼンクラゲ」の名称が報道される度に
福井県産の海産物のイメージダウンになることを危惧して
「大型クラゲ」などと言い換えをするように
報道各社に要望しているという。

他にも以前、日記で書いたけど長江の三峡ダムによって
東シナ海の生態系に大きな影響を及ぼすとみられる。
http://matsuura.fc2web.com/colum/030621.htm

偏西風も海流も国境なんて関係なく西から東へ流れる。
黄砂や酸性雨、エチゼンクラゲぐらいならまだいい。

中国は沿岸部を中心に近年の増大するエネルギー需要を賄うため
大量の原発開発計画がある。

2004年末現在、9基で700万kwが稼働しているが、
2020年までに原子力発電設備容量を3,600万kWに
拡大する方針が打ち出されている。

これが何かの事故でドカンといったら日本はアウト、防ぎようがない。
放射能だけは勘弁してくれよ。



Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO