松浦俊介Top「議員活動・議会・町政報告」平成18年5月11日(木)

第2回助役協議の結果(報告)



本日の第2回助役協議で、
負担金については、沼津市側から明解な回答はなく、
関係修復案についても同様に、案は示されなかったとのことです。

また、清水町側から「沼津市、清水町合併協議会の廃止議案」を
6月議会に上程したいとのことで、
それについての協議を申し入れました。

次回協議は、今後調整するとのことです。

***************************

                       事務連絡
                       平成18年5月11日
 清水町議会議長 坪内昇様
                       清水町長 平井弥一郎

        第2回助役協議の概要について(報告)

 標題の件について、本日、午後3時30分から清水町役場にてマスコミ公開の上で行わ
れ、その概要は次のとおりであります。

1 出席者
   沼津市  助役、クリーンセンター所長、広域行政推進室長
   清水町  助役、企画財政課長、住民生活課長

2 協議の概要
    清水町から要望した「第2回首長、助役協議はなぜ首長を入れない」のかと問い
   たところ、沼津市は「今の段階では、首長が加わる必要はない」ということであっ
   た。清水町としては、沼津市に「首長が加わる具体的な状況とはどういうことか」
   と問いた。
    また、このまま平行線状態であったとしても、最後の段階では首長が加わること
   を希望した。

 (1)負担金の返還について
   ・清水町から再度沼津市の負担金返還の考え方を問いただしたところ、従来同様、
    返還は困難ということだった。

   ・清水町は2月9日文書(別紙1)及び4月21日文書(別紙2)により、沼津市
    http://matsuura.fc2web.com/gikai/060209-1.htm(別紙1)
    http://matsuura.fc2web.com/gikai/060421.htm(別紙2)
    が返還困難な理由について反論し、その反論に対する感想を求めたが、返還を
    困難とする理由を述べただけであった。

   ・沼津市は断ったのは清水町であり、返還する考えはないとのことであったので、
    清水町は「沼津市議会で市長は、2度にわたり『清水町のごみ・し尿処理は断
    る』と答弁しており、また、助役を長とする協議の場でも『委託継続はできな
    い』といっているが、断っていることにならないのか」と問いただした。

   ・清水町は「あの当時トップ会談を申し入れ、ごみの引上げも提案したが拒否さ
    れたので、新たな委託先を探すためには、委託継続を断念せざるを得なかった」
    と主張した。

   ・「施設は共同で建設し、使用する権利もあるのに負担金を返さないのか、また、
    将来の使用についても何らかの考えを示さないのか」と確認したが、明解な回
    答はなかった。

 (2)関係修復について
   3月31日の首長、助役会談の際、沼津市長から「信頼関係は双方で努力し合う」
  ということであったはずであり、清水町は4月21日文書(別紙2)のとおり案を
  出したが、沼津市の案はないのかと求めたところ、、3月31日の会談と違って案を
  示さなかった。

 (3)沼津市、清水町合併協議会の廃止議案の協議について
   依頼書(別紙3)を渡し、沼津市は持ち帰って検討するとのことであった。

 (4)次回開催について
   開催日と出席者については双方にて調整する。


(別紙3)
                        清企第6号
                        平成18年5月11日
  沼津市長 斎藤衛様
                        清水町長 平井弥一郎

    沼津市、清水町合併協議会の廃止議案の協議について(依頼)

 昭和41年設置の沼津市、清水町合併協議会につきましては、昭和43年を最
後に既に40年近く全く活動しておらず、事実上死文化した規約となっておりま
す。昨年、貴職から平成17年7月22日付け沼企政第85号「沼津市・清水町合
併協議会及び受託事務について」2項目の通知があり、1項目めの「合併協議
会の廃止協議を開始する」については、当町から平成17年8月2日付け清企第
48号「沼津市・清水町合併協議会再開について」により、合併協議会の再開は
できないという回答をいたしました。
 また、昨年8月31日の第2回目の助役を長とした協議の場においっても、合併
協議会の廃止については、双方において基本的に合意しております。このこと
は、議事録にも明確にされております。
 こうしたことから、当町といたしましては平成18年6月清水町議会定例会に
「沼津市、清水町合併協議会の廃止議案」として上程する考えでありますので、
廃止議案についての協議をお願いいたします。
 なお、誠に恐縮ではございますが、標記の件について、平成18年5月17日(水)
までに文書にて御回答いただきたくお願い申し上げます。

Copyright(C) Matsuura Shunsuke. All Rights Reserved.

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO